So-net無料ブログ作成

カープ初優勝手拭い [【個人的日記】机の中]

なにかに価値を見い出し、

コレクションするということは、

ココロを揺さぶる行為でございますので、

とても良い精神のストレッチになり、

健康にはとても良いことでございます。 

 

 

さて、

机の中を見てみますと

昔の手拭いが

いくつか

コレクション

されているのでございます。  

 
 
その中でも
 
目を引くのは
 
 
「カープ初優勝の手拭い」 
 
 
でございましょうか。
 
 
 
 
1975年からずっと持っているものでございます。 
 
 
 
 
 
 
1.jpg

 
 
 
 
 
2.jpg
 
  
 
もちろん、他の、状態が良いものは、袋からも出してございません。 
 
 
 
 
 
 
 
 
いやいやほんと・・・
 
 
 
 
懐かしくございますね。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

プラモデル製作・1/20・HONDA F1 RA272 (9) [【個人的日記】机の中]

「プラモデルを作る」というのは、

頭と手先を使うため、

「脳のストレッチ」になりますので、

「健康」には、

とても良いのでございます。

 

 

 

さて、 

今回は、 

1/20モデル

HONDA F1 RA272

のサイドカウルと本体のとりあえずの合体でございます。

 
 
71.jpg
 
 
72.jpg
 
 
74.jpg
 
 
 
 
いやいやこれはとても良い感じではございませんか。
 
 
 
もう少しで、完成でございますね。ははは。
 
 
 
 
 
 
75.jpg
 
 
76.jpg
 
 
 
 
 
 
 
  

 

 




 
 
 
 
 
 
 

B.J.パーマーの訃報記事(1961年5月28日 ニューヨークタイムズ) [カイロプラクティック・整体]

1961年5月27日

B.J.パーマーが死亡した時の

ニューヨークタイムズ紙の訃報記事です。(翌日1961年5月28日の新聞)


《 翻訳・編集 ; 藤野 斉 》


 
 
是非ご参照ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
※ B.J.パーマーとは、カイロプラクティックの創始者の息子であり、カイロプラクティックを世界的な医療の一分野として、確固たる地位を得るまでに、発展させ、その礎を築いた人物。
 
 
28.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

カイロプラクティック哲学10 -2/2 <プラントのシステム制御で考える> (ユニバーサルインテリジェンス・イネイトインテリジエンス) [カイロプラクティック・整体]

前回のプラントのシステム制御の例が

あまりにもシンプルすぎたので、

今回は、

もう少し分かりやすく?ならないかと思い・・・

 

配管ラインをON/OFFすることができる弁を 

もうひとつ設けた制御について考えてみました。

 

 

 

臓器と流量制御1-1.jpg

 

 

 

 

よけいに分かりづらくなったような気がしますが・・・・

私の頭の体操も兼ねておりますので、お許しください。

 

 

弁を同じラインに追加して設ける場合は様々な状況で出てきますが、

今回は、インターロック用のピストン弁を考えてみました。

 

 

このシステムの 

通常運転では、

ピストン弁は、常にOPENしている状態で、

流体を次工程へ流します。

しかし、

緊急状態では、

マスタ制御のインターロック操作により、

電磁弁が励磁し、

(インターロック操作は電磁弁のON/OFFにより行われる)、

ピストン弁にはエアが供給され、弁がCLOSEして、

次工程への流体をストップします。 

 

このとき、ピストン弁に供給されるエアは、ピストン弁が動作する圧力をもったエアが、エアヘッダに常に充填されている状態でなければならず、もし、エアヘッダの圧力が低くなっていた場合には、ピストン弁は正常に動作することができません。 

 

 

 

 

 

さて、

ようやくですが、

このインターロック制御を

人間に置き換え、

 

プラント全体 = 人間 

ひとつの工程 = ひとつの臓器 

マスタエアヘッダ = 脊柱管

エアヘッダ =  椎間孔

エアヘッダの不具合 = サブラクセーション 

 

として、カイロプラクティック的に考えてみます。

 

 

正常な状態ですと、常にピストン弁はOPENしており、

コントローラによるa弁の開度に従い、次工程へ流体を流しますが、

エアヘッダに機械的な不具合が起こった場合には、

ピストン弁が、FULL OPENにならず、

コントローラによるa弁による流量制御が正常にききません。

 

つまり、 

人間では

脊柱管および椎間孔が、

物理的に常に正常な状態でなければ

脳からの指令を正確に臓器に伝達することができなくなってしまう

ことをあらわしています。

 

これは、

明らかに、

システム(身体)の暴走状態に繋がる

ということはお分かりいただけると思います。

 

 

ということで、

このシステムの暴走状態を止めて、

正常な運転に戻す為には、

弁の開度が100%にならない

エアヘッダの不具合原因 

を突き止めて修理をする必要があります。

 

 

エアヘッダの調整とは、

人間における

「カイロプラクティック的な身体の調整」

ということです。

 

【エアヘッダの調整 = 身体の調整(カイロプラクティック・アジャストメント)】 

 

 

つまり、

カイロプラクティックとは、

プラント運転同様、

全体のシステムを正常運転させる為に、 

「その所掌範囲内において」

いかに、

その不具合箇所を特定して、

無くしていくかを考え、

調整していくという、

システマティックな分野なのです。 

 

 

 

 

 

 

 

kyara1.jpg

 

 

 


カイロプラクティック哲学10 -1/2 <プラントのシステム制御で考える> (ユニバーサルインテリジェンス・イネイトインテリジエンス) [カイロプラクティック・整体]

今回は・・・・ 

カイロプラクティックにおける

「人間のシステム制御」

の考え方を

極めてシンプルな

「プラントのシステム制御」 

の一部で置き換えてみようと思います。

 

 

一番シンプルな例ですと、

タンクの出口に設けられたauto/manualモードをもつ弁による流量制御がそれで、

autoモードによる自動運転が正常な状態だとします。 

異常な状態とは、

色々考えられますが、そのひとつとして、 

autoモードにより運転されていた弁に

機械的な不具合が発生して

流量が設定値にならない場合

があげられます。

この状態を放置しておくと、

明らかにプラントの暴走運転となり、

正しい質と量の製品はできないばかりか、プラント爆発の危険性もあります。 

 

臓器と流量制御0-1.jpg

 

ここで、

これを人間に置き換え、

カイロプラクティック的に考えますと、

身体 = プラント

であり、

弁の不具合 = サブラクセーション

ということになりますので、

異常な状態というのは、

脳からの指令を正確に臓器に伝達しない状態です。

これは、

明らかに、身体の暴走状態ということになるでしょう。

 

 

ということで、

このシステム(身体)の暴走状態を止めて、

正常な運転に戻す為には、

弁の不具合原因を突き止めて調整をする必要があるのです。

 

弁の調整 = 身体の調整(カイロプラクティック・アジャストメント)

 

つまり、

カイロプラクティックとは、プラント運転同様に、

全体のシステムを正常運転させる為に、 

「その所掌範囲内において」 

いかに、その不具合箇所を特定して、無くしていくかを考え、

調整していくかという、

分野なのです。

 

 

 

 

 

 

 

kyara1.jpg

 

 

 

 


カイロプラクティック哲学9 -3/3(ユニバーサルインテリジェンス・イネイトインテリジエンス) [カイロプラクティック・整体]

それでは、

Fig.1のシーケンス図

の解説に入ります。
 

 

fs1.jpg

 

 

 

1.

ユニバーサル・フォースの一部を、人間の体内では特にイネイト・フォースと呼びます。

イネイト・フォースは、それらが働いている組織を傷つけたり、壊すことはありません。(原則【25】) 

 

2.

インテリジェンスによりフォースがつくられ、

フォースによりインテリジェンスと物質は結合されます。(原則【8】【10】)

 

 

ということで、

シーケンス回路をみていきます。

 

 

3.

まず最初に、

人間の誕生で、誕生スイッチ「SW0」がONされます。

 

4.

「SW0」がONされると、

生命ランプリレー「R1」と寿命タイマ「T1」が励磁します。

 

5.

「R1」が励磁すると、

「R1」のa接点がONして自己保持回路が確立し、

「R1」が常に励磁した状態になります。

 

6.

それと同時に、

生命ランプ「L1」が常に点灯した状態になります。

この生命ランプが点灯している間が、本回路において、人間が生存している期間です。

 

7.

生命ランプ「L1」が消灯してしまう条件は、

「R1」が励磁後、寿命タイマ「T1」がタイムアップして、本b接点がOFFした時です。

 

8.

さらに、

生命ランプ「L1」が消灯するのは、

様々な破壊的条件により励磁したリレー(本回路図には未記載)のb接点「Z」がOFFした時です。

 

9.

「様々な条件」により励磁するリレー「Z」とは、

電線の腐食・電線の断線などの回路の事故などによる

「異常の監視」リレーです。

 

10.

「Z」リレーのb接点ところで、

完全に回路を遮断するのではなく、可変抵抗「Z’」を入れて、

回路の異常により、抵抗が変わり、

「L1」のランプの照度がUP/DOWNするという回路にするほうが、

多少は分かりやすい回路になるかもしれません。

 

11.

カイロプラクターの仕事は、

「カイロプラクターの所掌範囲内」において、

このb接点「Z」をOFFしないように、

または、可変抵抗「Z’」を大きくしないようにすることで、

イネイト・フォースをできるだけ損失なく「L1」に届けて、

できるだけ長く、質の良い明るさの「L1」を

点灯させ続けることです。

つまり、

インテリジェンスを、ランプにて、「100%」、表現することなのです。

 

 

 

 

 

kyara1.jpg

 

 

 

 

 

 


カイロプラクティック哲学9 -2/3(ユニバーサルインテリジェンス・イネイトインテリジエンス) [カイロプラクティック・整体]

カロプラクティック33原則の【11】を踏まえまして、
 
 
「ユニバーサルの法則」を
 
 
「オームの法則」に
 
 
当てはめてみます。
 
 
 
 
「 オームの法則 V = I R 」

 
 
「V」は、電圧
 
「I」は、電流
 
「R」は、抵抗

 
 
 
 
 
つぎに、
 
ユニバーサル(イネイト)・フォースに当てはめてみますと、
 
「V」「I」「R」は次のようになります。
 
 
 
 
 
「V」は、「フォースを流そうとする圧力」
 
「I」は、「フォースの流れる勢い」
 
「R」は、「物質」(R1)+「対象物質以外のもの」(R2)
 
 
 
 

よって、
 
「V」「I」「R」が、各々100%で成立する系におきまして、
 
「V」、「I」は、常に100%ですが、
 
 
「R」に関しましては、
 
その系の「物質全体」に対して100%ですので、
 
全てが対象物質「R1」に結び付けられればよいのですが、
 
 
対象物質へのフォースの伝送を妨げる「R2」に対してもフォースが結び付けられます。
 
 
 
 
 
ちなみに、 
 
このとき、
 
あくまでも「R2」に対してのフォースは、それらが働いている組織を傷つけたり、壊したりしているわけではなく、単に別なことに使われているだけです。
 
 
ただ、対象物質からすると損失ということになります。

 
 
 
 
もし、
 
 
「R2」が不必要なものであれば、
 
できるだけ「R2≒0」になるのがベストで、
 
対象物質「R1」に対して100%のフォースを結び付けるべく、
 
 
いかに、「R2」をゼロにするかが問題になります。


 
 
 
 
ということで、
 
カイロプラクティックの所掌範囲内において、
 
 
「R2」をゼロにすることが、
 
「私達の仕事である」
 
 
ということになります。 

 
 
 
 
 

<次のブログに続きます。>

 
 
 


 
chiropractic1.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
 
kyara1.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 

カイロプラクティック哲学9 -1/3(ユニバーサルインテリジェンス・イネイトインテリジエンス) [カイロプラクティック・整体]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
『カイロプラクティック33原則』



 


【11】
 
「ユニバーサル・フォース」は、
 
自然の法則により、明らかにされています。
 
それは、確固としたものであり、脚色されることはありません。
 
そして、それらが働く対象の構造がいかなるものであってもも左右されることはありません。



 


23】
 
「イネイト・インテリジェンス」の機能は、
 
その身体に使われる「ユニバーサル・フォース」と「物質」を適合させることです。
 
その結果、身体の各パーツは、全ての相互利益の為に、協調調行動をとります。






【25】
 
「イネイト・インテリジェンス」の「フォース」は、
 
それらが働いている組織を傷つけたり、壊すことはありません。



 


【28】
 
「イネイト・インテリジェンス」の「フォース」は、
 
動物の身体の神経系を通って動作するか、または、神経上で動作します。



 


【29】
 
「イネイト・フォース」の伝送が妨害される場合があります。





 
【30】
 
「イネイト・フォース」の伝送に対する妨害が病気の原因になります。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





さて、
 
今回は、


カイロプラクティック33原則のうち、


特に上記の原則に注意をはらいながら、


「人間の生存」について、


無接点シーケンスによる展開接続図で表現してみます。










fs1.jpg



 


<解説等は、次回以降のブログに続きます。>

 
 
 
 
kyara1.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ユニバーサル・インテリジェンス と イネイト・インテリジェンス (展開接続図) カイロプラクティック哲学 [カイロプラクティック・整体]

カイロプラクティック哲学における

ユニバーサル・インテリジェンス



イネイト・インテリジェンス

について、


これらの特性を


「リレーシーケンス」

展開接続図


形式で表現してみました。

 

uii1-s1.jpg




uii2-s1.jpg




uii3-s1.jpg




uii4-s1.jpg




uii5-1-s1.jpg




uii5-2-s1.jpg




uii6-s1.jpg




uii7-s1.jpg




uii8-s1.jpg







《動画》カイロプラクティック33原則 (カイロプラクティック哲学・ユニバーサルインテリジェンス・イネイトインテリジェンス) [カイロプラクティック・整体]

Dr.ラルフ・W・スティーブンソン
 
が1927年に表した 
 
『カイロプラクティック33原則 』
 
につきまして、動画を作成しました。
 
 
 
 
特に、カイロプラクター、または、カイロプラクターを目指されておられる方は、
 
是非ご参照ください。 
 
 

 
 
 
 
 








 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
kyara1.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 

カイロプラクティックと整体の違い? [カイロプラクティック・整体]

(※本ブログは、2007年のブログの再アップです。)

 

 

 

 

 『 「整体」と「カイロプラクティック」は何が違うんですか? 』

という質問がよくあります。

 一般的に出回っている回答は、解説する人によって説明が違ったり、何が違うのかハッキリしない説明がほとんどです。


 それでは、何で、このようにハッキリしないのでしょうか?

 

 その答えは、「整体」の対象が解説者によりマチマチだからにほかありません。

 

 このように、なんで、「整体というものがハッキリしない」ということになるのかというと、

それは、当たり前のことなのです。

 

 そもそも、「整体」というのは、 

【 総 称 】であり、

身体に対して行う施術法は全て「整体」だからなのです。

 

 身体を整えるものすべてがそうです。

 ですから一言で整体といっても、解説者によって何を整体と言っているか、違ってきます。

 

 「もし、カイロプラクティックをやっているんだったら、カイロプラクティック院など、の名称にすればいいのに」

と思われるかもしれませんが、一般的にはそうなってはいないのです。

 というのも、カイロプラクティックでいいますと、

カイロプラクティックという名称を現在はよく耳にしますが、10年・20年前までは、聞いたことがない人がほとんどであり、認知度は相当低かったと思います。

 そこで、みんなに分かりやすいように、『 整体院 』という名前をつけて開業したのです。


 他の流派の人もそうです。その名称をつけても分かりづらい場合には、とりあえず「整体院」とつけているのです。

 

 つまり、「整体院」といっても様々なものがあるということなのです。

 

 よって、整体院といっても、

カイロプラクティック、マッサージ、指圧といったものからヨガ、ストレッチ、それに加持祈祷、宗教的なもの、その他怪しいものまで、整体院によってやっていることは全然違うのです。

 

 また、カイロプラクティックということでみてみますと、

同じカイロプラクティックなのに治療院によって施術方法が全く異なったり、カイロプラクティックではないのにカイロプラクティックと同じような施術方法だったりする場合があります。

 さて、これはどういうことなのだろう、 と思う人もいると思います。

 

 私達は、これらの区別を

【 施 術 理 論 】

によりしています。

 

 どの施術方法も、その理論により、アイデンティティーを得ています。

 たとえば、「カイロプラクティックです」と言われて、10箇所行って、10箇所とも全然別の施術をされて、どれが本当のカイロプラクティックなんだ?!と思うことがあるかもしれませんが、治療理論が同じカイロプラクティック理論ならば、やはり、同じカイロプラクティックなのです。

(カイロプラクティックには非常に多くのテクニック方法があります。)

 逆に、表面的にカイロプラクティックと同じようなことをしていても、別の理論で行っている施術は、それはカイロプラクティックではありません。

 簡単に言いますと、 カイロプラクティクは、「関節の動きを改善して、神経の流れを良くする」ことにより健康な体をつくりあげていきますが、 指圧とか鍼だと「ツボを刺激して気の流れを良くする」ことで健康な体をつくりあげます。

 また、精神的な療法をつかうところだと「お祈りする?ことにより病気を治す?」ことにより健康な体をつくりあげますが、○○整体だと「○○をして○○する」ことで健康な体をつくりあげます。

 

 というように、それぞれの流派でそれぞれの理論を誇りをもって実践しているのです。

 

 よって、

『同じような名前の治療院は沢山あるけれども、施術方法はすべて異なっている!』

ということをご理解いただけたと思いますので、

施術院の屋号だけで判断するのではなく、腕の良し悪しを含めて、それぞれの施術院を横並びで、どこの施術院を選ぶかが最も重要な課題となることがお分かりいただけたと思います。

 

 是非、一度、施術者に「どんな理論で何をしているのか?」聞いてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 ちなみに、ふじの整体院では、カイロプラクティック理論により施術をしています。

 なお、カイロプラクテックは、その他の整体と違い、世界保健機構(WHO)に認可されていること、からも分かるように、施術効果のとても高い療法です。

 

 

 

■ 同様の内容を「カイロプラクティック芸術」のホームページ( ↓ )にも載せております。

ホームページ http://geijyutsu.e-contents.biz/25 

 

 

 

 

 


カイロプラクティック哲学8(ユニバーサルインテリジェンス・イネイトインテリジェンス) [カイロプラクティック・整体]

『人間の死亡率は・・・・100パーセント』

ということを改めて聞いて

みなさんは、何を考えますでしょうか。 

 

 

人間ではなくても、

有機物・無機物、目に見えるもの・見えないもの、形が有るもの・無いもの、など

最後には、すべて、「消滅」します。

 

当然のようであり、不思議なようでもありますよね。

 

しかし、なぜ?、最後は無くならなければならないのでしょうか。

すべてが永遠に存在するというわけにはいかないのでしょうか。

 

 

おそらく、

これは、

「エネルギーの有限性」

の現われではないかと思います。

エネルギーが無限にあるならば、破壊・消滅という過程は必要はなく、

永遠にあらゆるものをつくり出し、どんどん増やしていけばよいと思うのですが、

エネルギーは有限でしかないものであるからこそ、

誕生したすべてのものに破壊・消滅という過程を与え、次にまた再生するという

「破壊・再生サイクル」が必要になってくるのではないでしょうか。

 

 

そして、

そういったエネルギーを考える際、

エネルギーは、「有限なもの」ですので、

破壊と再生を繰り返す有限のエネルギーには、

必ず

「保存の法則」

が成り立っていることを忘れず、

哲学的にも論理の展開をしていかなければなりません。

 

 

 

さて、

カイロプラクティックにおきまして、

エネルギーの話をする際、でてきますのが

「ユニバーサル・エネルギー」です。

そして、

このユニバーサル・エネルギーは、

「二面性」という特徴のあるインテリジェンスをもちます。 

 

「二面性」といいますのは、 

ユニバーサル・エネルギーの一部である「人間」を

例にすると・・・ 

①「年をとり、衰える、および、ケガや病気などを進行させる力」

②「人間を存在させようとする力」

といった相反するふたつの力(意志)のことをいいます。

 

人間が誕生して、

様々な環境下で、

①と②のせめぎあいの後、

最終的には①>②になり、

死が訪れるのです。

 


カイロプラクティックでは、

生命体におけるこのユニバーサル・インテリジェンスの二面性のうち、

上記の②に関する意志・法則を、

特に、「イネイト・インテリジェンス」と呼んでいます。
 

 

 

ということで、

人間は、

①を主体に考えると、「生きている」

②を主体に考えると、「生かされている」

と考えられ、

非常に絶妙なバランスの中で

生存しているのです。

 

 

 

 

 

 

(※カイロプラクティック哲学のホームページ http://tetsugaku.ii-sites.com/39 にも同様の内容を載せております。) 

 

 

 

 

 

oki_014.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


カイロプラクティック芸術ホームページ 【カイロプラクティック科学・哲学・芸術 / ユニバーサルインテリジェンス&イネイトインテリジェンス】 [カイロプラクティック・整体]

カイロプラクターまたはカイロプラクターを目指されておられる方に対しまして 
 
 
「芸術としてのカイロプラクティックとは」
 
 
のホームページを作成いたしました。 ↓  
 
 
ホームページ http://geijyutsu.e-contents.biz/ 
 
 
 
 
前ブログと内容的には同様ですが、
今後の内容拡張用に作成させていただきました。 
 
 
是非、ご参照ください。
 
 
 
 
 
 
kyara1.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《 ふじの整体院・オリジナル資料 》
 
 
以下も是非ご参照ください。 
 
【カイロプラクティック哲学・ホームページ】
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

概説「芸術としてのカイロプラクティックとは?」【カイロプラクティック科学・哲学・芸術】 [カイロプラクティック・整体]

「chiropractic is a Science,Philosophy,and an Art.」

↓ 

「カイロプラクティックは、科学であり、哲学であり、そして、芸術である。」

 

といわれております。

「科学」と「哲学」ということに関しましては、業界の文献にてよく目にするワードでございますが、 

「芸術」というワードは、目にすることはほとんどございません。

そして、多くのカイロプラクターが、なんだか・・・ボワーっと・・・

「芸術ってのは、なんかよく分からないけど、カッコイイ響きで、良いねぇ」 

くらいにしか認識はないのではないかと存じます。 

 

 

 

そこで、今回は、私なりに、

「カイロプラクティックは芸術である」

というセンテンスの所以を解説したいと思います。

 

 

ということで、 

まずは、

「芸術とは何か?」

を解説していかなければなりません。 

 

私の認識では、

「芸術は、個の強い思いや、考え、意志をもった創造的行動である。」

と定義づけられると考えております。

 

そして、その結果が、「芸術作品」です。 

 

しかし、この創造的行動の結果である作品は、

提供する側と、受け取る側により、「芸術であるのか否か」の捉え方に、大きく違いが出てきます。 

つまり、

芸術は、2種類に分けることができるのです。

 

①提供する側が創り出す芸術(能動的芸術)

②受け取る側が創り出す芸術(受動的芸術) 

 

①は、提供する側の、強い意志や思い、考えによって造り出される芸術です。

そして、

②は、受け取る側が、提供する側の思いに関係なく、都合よく、その意味を作り出し(解釈して)、受け取る芸術になります。 

 

ということになりますと、

②に関しましては、どのようなものに対しても、受け取る側の勝手で「芸術」となりえますので、

今回は、②の受動的芸術に含まれる芸術は、排除して考えることにします。

 

それでは、

上記にもとづきまして、一般的な能動的芸術をいくつか例にあげてまいります。 

 

 

 

 

【 例 】

 

1. タミヤのプラモデルを作る。

「初心者が、説明書を見ながら、プラモデルを、ただ単に作る」というのは、

芸術とはいえません。しいて言えば、メーカー(タミヤ)の芸術となります。 

もし、強い思いや考えををもって、プラモデルの作り方や塗装の仕方などに取り組み、新しい形として作り上げたとしたならば、

それは、もちろんタミヤの芸術でもありますが、プラモデル製作者の立派な芸術ということになります。

 

2. 楽器で曲を演奏する。

「初心者が、楽譜をみながら、なんとか弾いてみた」というのは、

もちろん芸術とはいえません。しいて言えば、その曲が演奏されたのですから、作曲者、楽器製作者の芸術といえるでしょう。

しかし、自らその曲をイメージ・解釈し、また、それに応じた自らの表現という形で、演奏したならば、

それは、その演奏者の芸術だといえます。 

 

3. 写真を撮る。

適当に何も考えたり見たりせずに撮る(それを意図している場合は別)というのは、芸術とはいえませんが、 

色や、アングル、スピード、明るさなどを考えながら撮影するならば、それは芸術だといえます。

意図せず偶然に良いのが撮れたというのは、これは、本人の芸術とはいえず、先述した受動的芸術ということになるでしょう。

 

4. 地球、自然、人間、e.t.c. ・・・・・

だれもが認める「宇宙」の芸術です。

 

 

 

芸術作品とは1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ここまでの解説を踏まえまして、

本題となります「カイロプラクティックは芸術である。」 

というものを考えていきますと・・・・

 

「芸術」としてのカイロプラクティックとは・・・

 

「科学的・哲学的な論拠にもとづき、対象者に対して、操作を行うこと。」 

 

というように言い換えることができるのではないでしょうか。

 

なお、芸術的行動(操作)とは、創造的行動(操作)のことをいいます。

操作を受ける対象者は、同じ人間、同じ身体の状態、同じ環境・状況ということはありえませんので、 

そんな唯一無二の存在である対象者に操作を行うということは、

「対象者の新しい形(芸術作品)をつくり出す行為」

ということになります。 

 

つまり、

「カイロプラクティック芸術は、

カイロプラクティックの科学および哲学に基づき、

各個人に応じた

最も素晴らしい形をもつ、

バージョンアップした、生まれ変わった、または、輝かしい本来の、

新しい個人

ともいえる芸術作品を

つくりあげる行為である。」

と言えるのです。

 

 

 

さて、

ここで、

カイロプラクティックの芸術を考える上で、

カイロプラクティックの定義について、もう少し詳細に見ていきたいと思います。

 

カイロプラクティックは、簡単に言いますと

「関節のバランスをとることにより、神経の流れを良くして、健康な体をつくりあげる技術」 

また、哲学的には、

「イネイト・フォースが各々の物質に対して正常に伝送されることにより、体内における各々の物質が調和のとれた活動ができるように促す技術」

ということになります。

 

このカイロプラクティックの定義を分解しますと、

 

1. 関節のバランスを調整する。 → 神経の流れが改善される。

↓ 

2. 神経の流れが改善する。 → 健康な身体になる。

 

 

または、

 

 

1. イネイト・フォースの伝送の妨げを無くする → イネイト・フォースの流れが正常化される。 

↓ 

2. イネイト・フォースの流れが正常化する。 → 各物質同士が調和のとれた活動をする。

 

 

ということになります。

つまり・・・・ 

上記をみて分かりますように

各々「1.」につきましては、

「カイロプラクターの芸術」

ということになります。

しかし、 

「2.」につきましては、実際には

「本来の人間としての(自然)の芸術」

ということになるのです。 

 

私達は、カイロプラクティックの芸術的アプローチが、人間の身体を健康にすることのように表現をすることが、多々ありますが、実際には上記に示すことでありますことが、

第三者の誤解を避けるべく認識しておく必要があるように思います。

 

とはいっても、

三段論法で、もちろん間違いではありません、

ことは付け加えておきます。

 

 

 

 

それでは、 

 

今まで示しましたことを、まとめてみますと・・・

 

カイロプラクティックの施術者は・・・・

ただ、教科書の写真通りのカイロプラクティック・テクニックにて施術するだけでは、

それは、「芸術」とはいわないことは、お分かりいただけると思います。

 

ということは、

「芸術」でなければ、

「科学」、「哲学」、「芸術」の三本柱で成り立つ「カイロプラクティックではない」ということになります。

 

 

つまり、

カイロプラクティックにおいて、 

「科学」、「哲学」をもち、それらを実践するためにテクニックを用いた時、

それを、初めて、「芸術」

ということができるのです。

 

 

よって、

 

 

「カイロプラクティック芸術とは、

その科学的・哲学的論拠に基づき、神経、またはイネイト・フォースの伝達障害を取り除く行動である」

ということになります。

 

また、言い換えますと・・・

 

 

「カイロプラクティック・テクニックとは、

科学的・哲学的論拠に基づき、人間を健康な身体に導く芸術である」

 

 

「カイロプラクティック科目とは、

その科学・哲学・芸術をもって、人間を健康な状態に導く分野である」 

 

 

「カイロプラクティックとは、

科学・哲学・芸術である」 

「chiropractic is a Science,Philosophy,and an Art.」 

 

 

ということになるのです。

 

 

お分かりいただけましたでしょうか。

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《 ふじの整体院・オリジナル資料 》
 
 
 
以下も是非ご参照ください。 
 
 
【カイロプラクティック哲学・ホームページ】
 
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

 

 

 

 

kyara1.jpg

 

 

 


カイロプラクティック哲学関連記事の再掲載(次回から何回か) [カイロプラクティック・整体]

「カイロプラクターおよびカイロプラクターを目指している方」に対しましての

カイロプラクティック哲学などに関する記事(以前載せていた記事)を

総覧的にまとめたオリジナル資料を作成する為に

今まで 

非掲載としておりましたが・・・

 

その作成中の資料を500ページくらいまとめたところで、

 

なんと、パソコンが壊れてしまい、

 

バックアップをとっていなかった為

 

消えてしまいましたので (泣)

 

資料作成はとりあえず中断し・・・

ブログ管理に残っている関連記事分は、

次回以降いくつか

再度、

掲載させていただこうと思っています。 

 

 

 

内容的には、わかりやすいと思いますので、 

カイロプラクターおよびカイロプラクターを目指している方々、 

是非、ご参考にしてみてください。

 

 

 

総覧的オリジナル資料は、今後、心の傷が癒えてから、再度作成しようと思います・・・・ 

 

 

 

kyara1.jpg

 

 

 

 

 












 

 

 

 

 


カイロプラクティック哲学 "ユニバーサルインテリジェンス・イネイトインテリジェンス" [カイロプラクティック・整体]

カイロプラクター、または、カイロプラクターを目指しておられる方への
 
『カイロプラクティック哲学』
 
に関しますホームページを作成いたしました。
 
 
是非ご参照ください。 
 
 
 
【ホームページ】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
kyara1.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

プラモデル製作・1/20・HONDA F1 RA272 (8) [【個人的日記】机の中]

「プラモデルを作る」というのは、

頭と手先を使うため、

「脳のストレッチ」になりますので、

「健康」には、

とても良いのでございます。

 

 

 

さて、 

今回は、 

1/20モデル

HONDA F1 RA272

のフロントカウルの改良でございます。




 
アミアミの追加と、 
 
フロントカウルは外して飾りますので
飾る用に支えや台座を付け加えたのでございます。 
 
 
 
 
 
51.jpg
100円ショップ購入のこれを使って・・・ 
 
52.jpg
 見えづらいですが、カッコよくアミアミが追加されております。
 
 
 
 
 
 
そして、適当な台座の適当な追加でございます。
 
 
53.jpg
 
 
 
まあ、イイ感じなのではないでしょうか。
 
 
 
 
54.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




 
 
 
 
 
 
 
 

2016-05-19 [整体院]

お菓子をいただき
 
「ありがとうございました。」
 
 
 
 
 
ひとついただきましたが、
 
とても癒され、美味しゅうございました。
 
 
これで、まだまだ炎のごとくグングンどんどん行けそうでございます。 
 
 
 
1462873600042.jpg
 
 
 
 
 
 
「たいへん感謝いたしております。」
 
 
 
 
 
残りわずかですが、たのしみに食させていただきますね。 
 
 
 
 
 




 
 
 
 
 
 
 
 
 

プラモデル製作・1/20・HONDA F1 RA272 (7) [【個人的日記】机の中]

「プラモデルを作る」というのは、

頭と手先を使うため、

「脳のストレッチ」になりますので、

「健康」には、

とても良いのでございます。

・ 

さて、 

今回は、 

1/20モデル

HONDA F1 RA272

のサイドボディのカウル製作でございます。

 
 
41.jpg
 
42.jpg
 
 
 
 
これまた、なかなかよろしいのではございませんでしょうか。 
 
 
 
 
43.jpg
 
 
 



 
デカールにヨゴシに白のボディ、なかなかキマッテイルと思うのでございます。
 
 
 
 
 
 
44.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

プラモデル製作・1/20・HONDA F1 RA272 (6) [【個人的日記】机の中]

「プラモデルを作る」というのは、

頭と手先を使うため、

「脳のストレッチ」になりますので、

「健康」には、

とても良いのでございます。

・ 

さて、 

今回は、 

1/20モデル

HONDA F1 RA272

のフロントカウルの製作でございます。

 

 

31.jpg

 

32.jpg

 



 

艶消し、ヨゴシ、デカール ・・・

なかなかよろしいんではございませんでしょうか。

 

 

33.jpg

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 

2016-05-16 [整体院]

お菓子をいただき
 
「ありがとうございました。」
 
 
 
 
1462873529588.jpg
 
 
 
 
グリーン色なめずらしい抹茶のお菓子でございますね。
 
とても美味しそうでございます。 
 
 
 
これを食しますれば
 
最近の緑がきれいな季節の中、元気に、歩いていけそうでございます。
 
 
 
 
1462873518743.jpg
 
 


 
一枚ずつ大切に食させていただきますね。
 
 
 
「とても感謝いたしております。」 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

 

 


プラモデル製作・1/20・HONDA F1 RA272 (5) [【個人的日記】机の中]

「プラモデルを作る」というのは、

頭と手先を使うため、

「脳のストレッチ」になりますので、

「健康」には、

とても良いのでございます。

・ 

さて、 

今回は、 

1/20モデル

HONDA F1 RA272

のメーターパネルの製作でございます。

 
 
11.jpg
 
 
12.jpg
コード類も取り付けて 
 
 
 
 
 
またまた、イイ感じになったのではございませんでしょうか。
 
 
 
 
13.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016-05-14 [整体院]

お菓子をいただき
 
「ありがとうございました。」
 
 
 
1462873569230.jpg
 
 
 


ブラック色な
とても美味しそうなお菓子でございますね。
 
 
力強い色のお菓子を食しますれば、
力強く生きれそうでございます。
 
 
 
大切にひとつずつ食させていただきますね。
 
 
 
 
1462873558951.jpg
 
 
 
 
 
 
「たいへん感謝いたしております。」 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

プラモデル製作・1/20・HONDA F1 RA272 (4) [【個人的日記】机の中]

「プラモデルを作る」というのは、

頭と手先を使うため、

「脳のストレッチ」になりますので、

「健康」には、

とても良いのでございます。

 

 

さて、 

今回は、 

1/20モデル

HONDA F1 RA272

のフロント部分の製作でございます。

 
1.jpg
 
 
2.jpg
 
 
 
いい感じではございませんでしょうか。
 
 
3.jpg
 
 
4.jpg
 
 
 
 
 

2016-05-12 [整体院]

お菓子をいただき、
 
「ありがとうございました。」
 
 
1462873586806.jpg
 
 
 
いろんな種類がございまして、とても美味しそうでございますね。
 
これで、さわやかな青空のごとく元気に頑張れそうでございます。
 
 
「とても感謝いたしております。」
 
 
ひとつずつ大切に食させていただきますね。
 
 
1462873578563.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

GWのおやすみ(2016) [整体院]

ふじの整体院は、
 
5月 4日(水)、5日(木)
 
をGWのお休みとさせていただきます。
 
 
どうぞ宜しくお願い致します。
 
 
 
 
 
 
 
kyara1.jpg