So-net無料ブログ作成
検索選択
【・・ 名 言 ・・】 ブログトップ

起きて・・寝て・・ [【・・ 名 言 ・・】]



・・・・・・・・・・・・・・・


起きて半畳、寝て一畳。


天下取っても二合半。

・・・・・・・・・・・・・・・






なんか好きなコトワザでございます。





慰め、戒め、悟り、いろんな解釈の側面があり、




ある一面では、

私みたいなショーモナイ者が言っても説得力ありませんが、

上の世界をみた人が悲哀をもって語られると

とても心に響く言葉でございます。








これは、

良くも悪くも

物質的社会の有限性を

考えさせられますね。




そして、

その有限または幻想的な物質的豊かさに付随する

気持ちの豊かさのコントロールは、

なんと、

自分がハンドルする

ということなのでございます。



何をハッピーと思うのか、

それが

とても重要な事柄でございますね。きっと。














gatag-00009773.jpg

























 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
 
 
■ ふじの整体院

 
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   
 
 
 
 
【 カロプラクティック・パーフェクト・アプローチ 】
 
 
ふじの整体院は、 
体調不良の自覚症状のある方,無い方、
身体のメンテナンスをしたい方、
リラクゼーションを求める方、
など、
それぞれのご希望や症状にあわせて、
「ほぐし療法」、
「ディバーシファイド・テクニック」、
「トムソン・ターミナルポイントテーブル・テクニック」
を組み合わせた
カイロプラクティック・パーフェクト・アプローチ
を実施しています。
 
 
 《 関 連 症 状 》
 

肩こり、腰痛、姿勢が悪い、体が重い、スッキリしたい、
頚痛、頭痛、ストレス、背中の痛み、股関節痛、なにかだるい、
肩痛、膝痛、緊張が続く、坐骨神経痛、冷え性、
手のしびれ、足のしびれ、代謝が悪い、背中の痛み、
やる気が出ない、便秘、こむらがえり、自律神経失調症、
疲れがとれない、神経症、心身疲労、等、
 
骨盤矯正・脊柱矯正・四肢矯正等が必要とされる
骨格構造変位に伴う心身の各症状、など

  
 
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

kyara1.jpg

 

広島県広島市南区皆実町6丁目18-5

ふじの整体院

082-256-1777

全国カイロプラクティック研究協会

藤野 斉 (ふじの ひとし)

fujino@abox23.so-net.ne.jp

 














35分進んだ時計を見ての反応「間違いだらけ」 [【・・ 名 言 ・・】]

「良い言葉」を発するということは、
 
 とても良い気分になるものでございます。
 
相手がいれば相手も良い気分になるし、
 
自分だけの場合も
自分自身がとても良い気分になる
 
ものでございます。
 
   
気分が良くなれば、
 
脳・神経系が刺激され、
 
それが起爆剤となり、 

 

筋骨格系、免疫系、消化器系、脈管系、呼吸器系、内分泌系、感覚器系など、

様々な系に対しまして、

健康に良い影響をもたらすのでございます。  

 
 
 
 
 
さて、
 
整体院の壁掛け時計は
2つございます。
 
ひとつは、受付のところ、
もうひとつは、施術室の中
にございます。 
 
 
 
 
3.jpg
 
 
 
 
 
そして、
 
施術室の中にある壁掛け時計は、 
 
以前のブログでも書きましたが、 
 
 
 
 
『 約35分 進んでいる 』 
 
 
 
 
のでございます。 
 
 
 
 
 
 
 
その理由はといいますと・・・
 
 
 
ふじの整体院は、
 
2000年の開業から、
今年で16年でございますが、
 
 
この16年間で
 
「35分」
 
進んだということなのでございます。 
 
 
 
電池を入れ替える時も、時計の進み具合の慣れがありますので
同じように進ませて、セットしていましたところ、
今では、35分、進んでしまったのでございます。
 
 
 
 
2.jpg
 
 
 
 
 

 
最近は、
 
その説明を何回もするのもなんなので、 
 
正確な時間にもどそうかどうしようか、
 
悩んでいるのでございます・・・ 
 
 
 
いやいや、
 
 
今回書こうといたしましたのは
こういうことではなくて・・ 
 
まぁ、
それにつきましても
今後結論を出すといたしまして・・
 
 
 
 
 
今回は、
 
35分進んだ時計を 
 
来院された方が見たときの
 
数々の反応
 
についての「指摘」
 
でございます。 
 
 
  
 
ということでございまして、
 
結果・・・
 
 
 
ほぼ全員、
 
皆さんの反応は 
  
「不正解」 
 
でござます。
 
 
 
 
ちなみに
どのような反応か言いますと・・・
 
 
 
進んだ時計を見て、 
 
 
「ビックリした」
 
「ほんと?!」
 
「遅れてすいません」 
 
「あの時計間違ってますよね」
 
 
 
中には
 
「ダマそうとした?」 
 
「ズルゥーー」
 
「コスィーー」 
  
 
という
“とんでもない”
ものまでございます。 
 
 
 

 
 
そして、
時間が進んでいる理由を言いますと
 
 
 
「反応がない」か、 
 
反応うすく「ふーーん」 
 
 
 
 
または、
 
 
「そういうことっ」 
 
「やられたぁ」
 
「なんで直さんのん?」 
 
「意味ふめ~い」 
 
  
でございます。 
 
 
 
  
 
 
 
しかし、
 
 
 
それは・・・ 
 
ノン、ノン、ノン、NON!
 
でございます。
 
 
正しい反応としての答えではない
のでございます。 
 
 
 
 
「間違ている」
 
 
 
のでございます。 
 
 
 
 
 
 
 
 
それでは、
 
 
『なにが正解か』 
 
 
といいますと・・・
 
 
 
 
 
今まで、お一人だけ、おられました、正解者!!
 
 
 
 
それは、
 
私が
 
この16年間で35分進んだんですよ云々、
ということを話した後での
ひと言ッ
 
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・ 
 
『 素 敵 で す ね 』 
 
・・・・・・・・・・・・・ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いかがでございますか? 
 
 
これですよ、これ。
 
これでございます。
 
 
 
 
素晴らしい!
 
 
 
 
これこそ、「正解!!」なのでございます。 
 
 
 
 
すべてのものにはストーリーがあり
 
それを「素敵」と思って
 
口に出せる・・・
 
 
 
エクセレント!のひとことにつきます。
 
 
 
 
心も洗われる、ってもんでございます。 
 
 
 
 
よく考えてみてください
 
この16年云々のストーリー
 
だけでも、かなり良い話 
だと思うのでございますが・・
 
 
 
現在、
ワタクシ達は
 
縦、横、高さの三次元、時間を含めまして四次元の世界に住んでおります。
 
そして、
 
今回、
整体院内に35分という位相差のある時間軸が出現しており、
 
 
つまり、
 
 
4.5次元の世界が
 
 
整体院を支配している
 
 
かもしれないのでございます。
 
 
 
 
「夢」があるではないですか・・・
 
 
 
 
 
このロマンチシズム理解の結晶たる言葉 
 
 
 
 
 
『素敵ですね・・・』 
 
 
 
 
 
正解は、これしかないのでございます。
 
 
 
 
なんと「素敵な言葉」でございますでしょうか、
「素敵」なだけに。
 
 
 
 
 
1.jpg
 
 
 
 
 
 
 
「素敵ですね・・・」 
 
 
 
 
皆様も
 
いろんな場所やシチュエーションで
 
使ってみてくださいまし。 
 
 
 
 
 
 
 
『 VIVA! 言葉 で 健康 』 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ふじの整体院の

冬休みの日程は次の通りです。

どうぞ宜しくお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

12月31日(土)

1月1日(日)

1月2日(月)

1月3日(火)

1月4日(水)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

※ 1月5日(木)からは、通常営業いたします。  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    
 
 
 
 
■ ふじの整体院
 
■ 使用する主要テクニック 
 
■ スラスト矯正の基礎原理
 
 ■ トムソンテーブル矯正理論のポイント
 
■ カイロプラクティック哲学
 ホームページ http://tetsugaku.ii-sites.com/
 
■ カイロプラクティック芸術
 ホームページ http://geijyutsu.e-contents.biz/
 
■ セカンド ブログ 
 
 ■ 販売資料
 
■ 院長プロフィール 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   
 
 
 
 
【 カロプラクティック・パーフェクト・アプローチ 】
 
 
ふじの整体院は、 
体調不良の自覚症状のある方,無い方、
身体のメンテナンスをしたい方、
リラクゼーションを求める方、
など、
それぞれのご希望や症状にあわせて、
「ほぐし療法」、
「ディバーシファイド・テクニック」、
「トムソン・ターミナルポイントテーブル・テクニック」
を組み合わせた
カイロプラクティック・パーフェクト・アプローチ
を実施しています。
 
 
 《 関 連 症 状 》
 

肩こり、腰痛、姿勢が悪い、体が重い、スッキリしたい、
頚痛、頭痛、ストレス、背中の痛み、股関節痛、なにかだるい、
肩痛、膝痛、緊張が続く、坐骨神経痛、冷え性、
手のしびれ、足のしびれ、代謝が悪い、背中の痛み、
やる気が出ない、便秘、こむらがえり、自律神経失調症、
疲れがとれない、神経症、心身疲労、等、
 
骨盤矯正・脊柱矯正・四肢矯正等が必要とされる
骨格構造変位に伴う心身の各症状、など


  
 
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

kyara1.jpg

 

広島広島市南区皆実町6丁目18-5

ふじの整体院

082-256-1777

全国カイロプラクティック研究協会

藤野 斉 (ふじの ひとし)

fujino@abox23.so-net.ne.jp

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

文化人ぶる [【・・ 名 言 ・・】]

「話す」ということは、
 
その内容を考え、
 
そして、
 
それを言葉で表現しなくてはならないので、 
 
頭のストレッチになり、
 
健康にはとてもよいことでございます。 
 
 
 
 
 
さて、
 
先日、テレビを見ておりましたら、 
 
なんともスカした、かっこ良い、大人の言い回し
 
に遭遇することができたのでございます。(笑)
 
 
 
 
 
 
それはというと、
 
ボブディランがノーベル文学賞を受賞したときの
 
井上陽水の以下 ↓ のコメントでございます。
 
 
 
 
 
 
『 ボブディランに影響を受けたかと言われると
 
なんとも答えようがないが、 
 
影響を受けていないかと言われると
 
間違いなく受けている 』 
 
 
 
 
 
 
 
無題_1.png
 
 
 
 
 
 
ははは。
 
 
 
いかがでございますか。
 
 
カッコ良くございますね(笑) 
 
 
 
 
 
この「回りくどさ」こそ、
 
 
シャレオツな大人なのでございます。 
 
 
 
 
 
つまり、 
 
この雛形さえ使えば
 
みんな、賢っぽい、文化人的な
 
返答ができるということでございます。
 
 
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
 
 
 
「 ○○○か、と言われると
 
なんとも答えようがないが、 
 
○○○ではないないか、と言われると
 
間違いなく○○○である 」 
 
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
 
 
例えば・・・・
 
 
 
 
A「この映画面白かったですよね?」
 
B「面白かったかと言われると、なんとも答えようがないが、面白くなかったかと言われると、間違いなく面白かったね。」 
 
 
 
 
 
 
A「小池都知事、頑張っていますよね?」
 
B「頑張っているかと言われると、なんとも答えようがないが、頑張っていないかと言われると、間違いなく頑張っていると思うよ」
 
 
 
 
 
 

A「私、太ったかな?」

B「太ったかと言われると、なんとも答えようがないが、太っていないかと言われると、間違いなく太ったね」 

 
 
 
 
 
 

A「私・・・ブスだから・・・」

B「ブスかと言われると、なんとも答えようがないが、ブスではないかと言われると、間違いなくブス・・・(汗)」

 

 

 

 

このように、

応用はいくらでも出来そうでございますが、

 

むやみやたらに使用しすぎてしまいますと、 

みんなと会話をしてもらえなくなりそうでございますので、

 

「会話」という「脳のストレッチ」ができなくなり、

健康から遠ざかってしまいます。

 

ご注意を。

 

『健康第一!!』 

 

 

 

 

 
kyara1.jpg
  
   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 

シュワルツネッガー [【・・ 名 言 ・・】]

ボディビルをされている方から

シュワルツネッガー

のお言葉を

ひとつ

教えていただいたのでございます。

・ 

そして、

それは 

これ ↓ でございます。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

筋肉が

「NO」と叫ぶ

しかし

俺は

「YES」と答える 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう・・なんだか・・凡人には、よく分からない・・ 

お言葉でございますが・・・

噛み締めてみますと

とても良い言葉でございます。

アーノルド・シュワルツェネッガー-トータル・リコール.jpg

・ 

特に、年齢が進んできますと、心の隅にでも必ず置いておきたい言葉でございます。

・ 

オフィシャルまたはプライベートで忙しく、体が動かない時、だるい時、つらい時、など・・・

もし病気でないならば

とにかく

「YES」

そして

「YES!!」 

なのでございます。






2011-12-03 [【・・ 名 言 ・・】]

前々回のブログ(宮島いく)

の追記のところで

 

 

弥山の上の展望台の近くの、

サルがたくさんいる(ほんど見ることはない)ところに掲げてある・・・

 

かすれた文字を何度もマジックで書き直したような

弥山のボードの言葉について

 

「了解しました。」

 

と、いかにも全て把握し、

自分の知識になったように

気軽に書いたが・・・・・

 

 

いや 

 

それは、

上っ面の文面だけを捉えた内容の話であって・・・

 

 

もしかしたら

ボードを掲げた人の言葉の奥深さを、

何にも分かってなかったかもしれない・・・

 

と、昨日、

寝る前に、

ふと、思ったのであった。

 

11.jpg 

 

 

 

この

 

『サルは土も食べる』

 

という言葉・・・・

 

 

考えれば

考えるほど

 

本当は、

「奥深い言葉」

のような気がしてならないのだ。

 

 

 

まっとうな宮島を管理する人が、

そのままの言葉の意味だけ考えると、こんな、ショーモナイことを、わざわざ立派なボードに、書くわけがない。

 

 

 

いったい

どんな意味が隠されているのであろうか・・・・

 

 

 

 

 

 

 

・ 

 

 

・ 地面に這いつくばるまで、頑張れ! 

 

・ 土を食べなければいけないくらいの、我慢はしたか。 

 

・ 好き嫌いをするな。 

 

・ サルと人間の違いを考えろ。サルになっていないか。 

 

・ 内臓が強靭でなくては、生きていけない。内臓の手入れを。 

 

・ 好き嫌いを言っているうちは、まだ余裕がある証拠だ。

 

・ 本来、ウィルスをやっつける身体をみんなもっている。 

 

・ 免疫システムを正常に働かせる生活をしなさい。 

 

・ 自然治癒力を最大限に発揮できる身体をつくりなさい。 

 

・ ハングリー精神を忘れていないか。

 

・ 土に比べると、今日の晩御飯は、大ご馳走。感謝せよ。

 

・ どんなものでも、味がでる。(または、味わえる)

 

・ 人生、なんでも、手をつければいいというものではない。 

 

・ 自然に感謝しよう。

 

・ 自分の行動を、よく考えよう。

  

・ 恥ずかしくない生き方をしよう。

 

・ 常識に振り回されるな。 

 

 

 

 

 

考えはじめると

ほんと、

キリがない 

 

 

 

 

 

 

いや、いや、

 

 

 

神の島・・・ 宮島

 

 

あるもの全てが

 

 

「奥深い」 ・・・ 

 

 

 

 

 

 


「道」 [【・・ 名 言 ・・】]

来院されている方から
「そういえば、あのプレートが無いけど、どうしたの?」
と言われた。
そう!あのプレートである!
    1.JPGじゃーん

アントニオ猪木の「道」が刻み込まれているプレートである。

整体院の壁に飾っていた。

今は、縁起がいいといわれる「ヤモリ」のかざりものに変えている
    ya1.JPG

少し前に「どうしても欲しい」という人がいたので、譲ってあげたのである


そういえば、その「どうしたの?」と言われた方は、私によく、その詩を、「猪木」とも「春一番」ともつかないようなモノマネで詠み上げてくれた。


それなのに手放してしまった

・・・・・「すいません」


手放したことを伝えると、とても悲しそうだった・・・


しかし!
もちろん、忘れはしない!
詩を詠んでくれている時の、声、表情、しぐさ、そして、アゴ

私は、しっかりと、「心」に刻んでいる



ここでもう一度、その詩を詠んでみよう


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この道を行けばどうなるものか

危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし

踏み出せば

その一歩が道となり

その一歩が道となる

迷わず行けよ 行けばわかるさ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



何度、詠んでも、いい詩である



ちなみに、この元となる詩は、
清沢 哲夫 さんの『無常断章』に収められている詩であるのはご存知であろうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

此の道を行けば どうなるのかと
危ぶむなかれ 危ぶめば 道はなし

ふみ出せば その一足が 道となる 
その一足が 道である
わからなくても 歩いて行け 行けば わかるよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これも、もちろん、違った味わいで
いい詩である。



しかし、・・・やっぱり、猪木派だなぁ

回答 [【・・ 名 言 ・・】]

所ジョージ(本名 芳賀 隆之)が、次のようなことを言っていたが

「なるほど~」と思ってしまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「生きている意味」とか、「なんで生まれてきたのだろう?」とか「「人生の目的は?」「なんの為に生きているのか?」などと、人は良く考える。
そして、考えれば考えるほど、深みにはまり、精神的に衰弱したり、ウツになってしまうことがある。

しかし!!!

・・・・こんなのいくら考えても「答えはない!」

なぜならば・・・・・・

・・・・・・・・・「それが答え」だからなのだ!!!

例えば、「 3 × 5 = 15 」であるが
こんな疑問は、この答えである「15」を「15とは何か?」と考えているようなものだっ

つまり、「なんで生きているんだろう」と考えながら生きていくのが「人生」なのだ!!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   そして死ぬ間際に思うのだそうだ・・・・・・ 「 あ~ぁ~、い・み・な・ん・て・な・い・ん・だぁ~あ~」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


芳賀 隆之・・・・すばらしい

故 大平 総理 【在素知贅】 [【・・ 名 言 ・・】]

実家で掃除をしていたとき、戸棚の片隅に、
故 大平総理の色紙を見つけた。

  

 『 在 素 知 贅 』

意味的には、
「物質的な欲求は少なめにして、中身を充実させなさい」
ということらしい。

これを、整体 的にいうならば・・・・

「外見を表面的に飾るのもいいけれど、まずは自分自身の健康に気を使いなさい」

といったところだろうか。

つまり、「健康第一」、「健康であってこそ」・・・ ということである。


J. 馬場の『最大の敵』は?★★★★ [【・・ 名 言 ・・】]

ミスタープロレスジャイアント馬場さん」へのインタビューで、次のようなものがあったと覚えてる。
その一部を紹介させていただこう。


------------------------------

アナウンサー「こんにちは」

馬場「アポー」

アナ「今日はインタビューさせていただきありがとうございます。」

馬場「アポー」

アナ「コーヒーでいいですか?」

馬場「アポー、ゴクゴク、フ~」

アナ「馬場さんは今までいろんな強い敵と戦ってきたと思いますが、だれが一番の敵でしたか?
ボボ・ブラジルですか?ジンキニスキーですか?エリックですか?それともブッチャーですか?ブルーノ・サンマルチノ?大木金太郎?ファンクス?ジャック・ブリスコ?ハンセン?・・・・・えーと、あとは・・・・・・木村、永源・・・・・」

馬場「アポッ、アポッ、アポッーーーー もういいよ アポー」

アナ「えっ?」

馬場「僕にはね、敵なんていないんだよ、アポー。しいて言えばね、自分自身が一番の敵だったかもしれない。アポポポー!!!。

それゃあ、練習だってしたくない時だってあるよ、アポー。朝だって起きたくないときもあるよ、アポッ。疲れがひどくて休みたいこともあるよ、アポポー。レスラーさえ辞めたいことだってあるんだ、アププー。

でも、がんばって、がんばって、ガンバッテ、ガンバッテ、頑張って、頑張らなくてはいけないんだよ、アポー。

ほんと、ほんとに、試合前でも、遊びたいことだってあるし、アポー。逃げ出したい事だってあるよ、アペポー。
お!おまけに・・・面倒なインタビューにも答えたくないこともあ・・アポアポアポポポポポポポポポポポポポポ・・・・・」

アナ「・・・・わ、わ、わ、わかりました・・・・・お、お、・おちついてください・・・・」

------------------------------
このインタビューを聞いて、あの昭和の名勝負を数々繰り広げた「ジャイアント馬場さん」でさえも、他人を敵と思ったことはなく、
【敵は自分自身の中にいる】
と語っていた事に、ジーンときた。

「だれが敵なんだ?」と期待をもって聞いていた自分の考えの浅さに反省されられた。

私達に、
「本当に戦っている(戦わなければならない)相手は誰なのか?」
を再認識させてくれて 
 
  「ありがとう!」 そして 「ビバ!馬場正平!」




鈴木ヒロミツ最後の言葉 [【・・ 名 言 ・・】]

今年三月、歌手で俳優の鈴木ヒロミツさんが60才という若さで亡くなられたが、その直前に残されたメッセージをご存知だろうか?

       ○○○○○○○○○○○○○○○○○○

『 お別れ前に、一つだけ生意気を言わせてください。皆さん、これからの人生を、どうか“楽しむため”に生きてください。
人にはそれぞれ願いがあると思います。
でも “目的が何であれ、笑って、笑って、腹の底から笑えるような人生” を送ってほしい。
僕はね、死を前にして、はっきり思ったんです。
“人生とは楽しいもの” だと。
だから、どうか、“楽しむため”に生きてください。 』

       ○○○○○○○○○○○○○○○○○○


・・・・ 整体を通じて、多くの人が“楽しむ”ことができるように頑張っていこうと思う。


【・・ 名 言 ・・】 ブログトップ