So-net無料ブログ作成

症状 【筋骨格系 呼吸器系 脈管系 免疫系 内分泌系 消化器系 ・・・ 】 [【健康】その他]

ふじの整体院 は・・・


骨格的な

「狂い」を

伝統のある カイロプラクティック理論 により 調整して、

筋骨格系 呼吸器系 脈管系 免疫系 内分泌系 消化器系 ・・・ など

健康な状態に近づけ ハイ パフォーマンスにすべく

施術しているのでございました。







さて、

この 「狂い」 について でございますが、

免疫学の権威であります「安保徹」先生 は、次のような言葉を残しているのでございます。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





■■■ 症状とは・・・ ■■■







「症状」とは、

自分が 自分の身体を

治している時に

出てくるものです。




だから

「いいもの」

なのです。




ただ、

治す必要のある 「狂い」 があるから

「症状」 が出るのです。





ゆえに、


「狂い」 を治すと、


「症状」 も なくなるのです。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






いかがでございましょう。


当たり前のようで、

意外と 認識できていない 内容でございますね。







181.jpg







ちなみに

骨格的な狂いではないのですが、分かりやすい 症状の例 でいいますと、「発熱」ではないでょうか。

 

発熱 という「症状」について いいますと・・・

 

まず、ウィルスなどの 異物が 体に侵入してくると、
免疫活性食細胞(白血球 や マクロファージ 等)が戦いますが、
免疫活性食細胞の働きで「サイトカイン」がつくられます。
 
この サイトカイン は、血液の流れにのって、脳に達し、メディエイタの産生を促します。
 
このメディエイタの情報により 温度調節中枢が 体温上昇の指令を出し、血管の収縮・汗腺の閉口 など 熱放散を抑えたり、筋肉の震えにより 熱産生を促します。
 
これらの結果、体温が上がる という状況につながるのでございます。
 
 
そして、発熱は・・・
 
・病原菌の増殖を抑制
 
・白血球の機能の促進
 
・免疫応答の促進
 
などの効果を 発揮ということなのでございます。
 
 
ということでござまして、「発熱」は、体を健康にするために とても重要な「症状」ということが お分りいただけると思います。
 
 
(※ なお、発熱の三大原因は、感染症、炎症性疾患、悪性腫瘍 でございますので 、発熱に関しましては 注意が必要な場合がございますので、特記しておきます。)

 

 

 



おわり。






 

広島市ランキング
クリックお願い致します(ふじの)
 
にほんブログ村
こちらもクリックお願い致します(ふじの)
 
※クリックしていただきますとランキング画面に移動します。
 そうしますと、本ブログにポイントが入ります(1回/1日)ので、
ご協力の程お願い致します。

もちろん誰がクリックしたか分かりません。 

 
 
 
hp用ロゴ100.jpg
  
 
 
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
  
■ ふじの整体院
 ホームページ http://fujinoseitai.hpmk.net/
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  

広島県広島市南区皆実町6丁目18-5

ふじの整体院

カイロプラクティック科・ほぐし療法科

082-256-1777

全国カイロプラクティック研究協会

藤野 斉 (ふじの ひとし)

fujino@abox23.so-net.ne.jp
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。